CO-NECTAR


 

開始からたった半年。採用PRがもたらした、社内外への思わぬ効果──株式会社Gunosy

情報キュレーションアプリで有名な株式会社Gunosy。同社では積極的に採用PRに取り組み、「はたらくを知り、Gunosyを知る。」オウンドディア『Gunoshiru(グノシル)』の運営をされています。

今回は、採用PRに取り組むようになった背景から、採用PRがもたらしたさまざまな効果について、採用推進部の堂上真梨子氏とCEO室 広報チームの市村京子氏にお話を伺ってきました。

インタビュー/CO-NECTAR編集長 管大輔

プロフィール

堂上 真梨子(どうのうえ まりこ)
コーポレート本部 採用推進部 採用チーム マネージャー
ネクステッジ電通(現電通デジタル)にて人事として従事した後、2015年Gunosyに人事として入社。「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係、エンゲージメント」をモットーに採用活動からブランディング、オペレーションの仕組み化や改善や定着までを模索中。

市村 京子(いちむら きょうこ)
CEO室 広報チーム
不動産投資会社にて営業を経験したのち採用と広報部門の立上げに従事。2018年Gunosyに採用広報として入社。

採用PRが、人事・広報が抱える悩みの解決に

——それではまず、採用PRをはじめた背景から教えていただけますか?

堂上 真梨子氏(以下、敬称略):私はGunosyで数年間採用に携わってきていますが、採用という観点からずっと課題を感じていました。

その課題というのは大きく分けて2つあります。まず一つ目は、中の人の顔が見えず、社内と社外とでイメージのギャップがあることです。

弊社は創業者の福島がエンジニアであることもあり、「エンジニアの会社」という印象がとても強いと思いますが、もちろんエンジニアだけの会社ではありません。ビジネス職にも多くの魅力的なポジションがあり、優秀な人材がいますし、活躍している女性ももちろん大勢います。

そのイメージがゆえ、エンジニア職以外の採用がなかなか思うように進まない実態がありました。

そして二つ目は、採用メッセージの訴求イメージや世界観がバラバラだったこと。求人掲載の文言等を事業部ごとに作成していたこともあり仕方ない部分ではあるのですが、会社としてしっかりとしたメッセージングができていませんでした。ブランディングの視点が抜けていたんです。

ただ、人事は通常の採用業務に加えて、労務などの業務もある中で、この課題に時間を割くことは難しい。かと言って、IRなどをみるコーポレート広報で解決できる部分でもない。ではどうしたら良いのかと考えた時に、絶対に新たなポジションが必要だと感じたんです。そこで、課題解決のために採用PRの重要性を伝え、上長を説得して新たなポジションを設け、専任となる人材の採用をしました。それが市村です。

等身大のGunosyを知ってもらうためのメディア「Gunosiru」

——なるほど。その課題を解決すべく市村さんがジョインされたのですね。では、具体的にどのような取り組みをされているのか教えてください。

市村 京子氏(以下、敬称略):私が採用PRとして取り組んでいることはいくつかあるのですが、最も注力しているのが採用PR活動の基盤となっている「Gunosiru」での情報発信です。

私がジョインする前からGunosiruはあったのですが、コンテンツの更新に時間をさけておらず、必要最低限のことだけを発信する場所になっていました。ですから、そこを整備して「等身大のGunosyを伝える場」として再発信を始めました。

実は私も、入社後良い意味でのギャップを感じていました。優秀で、さぞかしクールな人たちが働いているんだろうと思っていましたが、優秀で且つ、温かみがあって、部署の垣根を越え、お互い尊重し合いながら実直に働いている。それをもっと外に伝えたいと思いました。

まずは、大まかに年間の配信スケジュールを組み、どのようなコンテンツをいつ配信するのかを決めましたね。

——1年分ですか!かなり長期的な計画ですね。

市村:はい。すぐに結果が出る取り組みではないですから長い目で見ると同時に、決めてしまった方が更新性も保てるので、大まかにどんなコンテンツをつくっていくか採用チームとすり合わせながらスケジューリングしました。

コンテンツとしては、Gunosyを多角的に伝えながら、社内外のギャップを埋めていけるものを準備しました。社歴や年齢、性別や職種に関わらず幅広いメンバーへのインタビューコンテンツに重きを置き、そのほかには社内イベント等の紹介記事などを盛り込んでいます。

更新頻度は現在は月に3本。そのうち2本が読み応えのあるインタビュー記事、もう1本は会社の雰囲気がわかるように写真を多く盛り込んだ記事と、内容のコントロールをしています。

——なるほど。御社の場合は、自社の採用サイトもあり、Wantedlyの活用もしていますが、どのような使い分けをされているのでしょうか?

市村:まず、WantedlyにはGunosiruに掲載しているコンテンツの導入部分を掲載し、Gunosiruに誘導するようにしています。そもそもGunosiruの存在自体が知られていなかったので、認知を広める目的でWantedlyにも掲載するようにしました。

そして採用サイトも同様、社員紹介のページにインタビューした人物や関連するコンテンツの掲載がある場合には、そこからGunosiruへの導線を設けていますね。

——全てのコンテンツの終着点をGunosiruにして、Gunosiruを見れば会社のことが理解できるようにしているんですね。
Gunosiru以外には、何か取り組まれていることはありますか?

市村:ダイレクトリクルーティングで使用するスカウトメールの文面や求人に使用する写真なども作成しています。素材の全てから会社の雰囲気は伝わりますから、そこにも私の手を入れて世界観の統一を図っていますね。

ミスマッチ解消に、社内コミュニケーション活性化に。一石何鳥にもなる採用PR

▲「はたらくを知り、Gunosyを知る。」オウンドディア『Gunoshiru』

——採用PRにチカラを入れ出してから、何か効果は出てきていますか?

堂上:市村が入社したのは今年の2月なので、Gunosiruに注力しはじめて一年経たないくらいですが、まだ日は浅いながらにも色々な所で効果を感じていますね。

入社者にはアンケートを実施しています。Gunosiruを実際に読んでいたかどうかや、内容の満足度等を確認しているのですが、当初読者はほとんどいませんでしたが、現在ではほぼ100%の入社者が読んでくれているので、求職者の応募判断材料の一つとして定着しつつあると思っています。面接時に、候補者からGunosiruの話をされることも増えてきました。

実は、Gunosiruはエージェントの方との打ち合わせにも大活躍していて、打ち合わせの際は記事を確認しながら、「この募集は、この人と同じ職種です」というように、具体的な事例を用いてお話を進めていくんですね。募集要項はどうしてもテキストばかりになってしまい伝わりにくい部分があるのですが、エージェントの方も人物像が見えやすくなりますし、何より求職者の方が働くイメージがつきやすい。母集団が大幅に増えるわけではありませんが、志望度を高める十分な材料になると感じています。

さらには、入社前後のギャップがなくなり、採用ミスマッチを減らすことができますよね。ここは会社にとっても働く人にとっても大きなメリットです。

弊社の採用の5割はリファラルなのですが、そこにも大いに役立っていると聞いています。

市村:ほかには、社外でいうとGunosiruをきっかけにメディア取材の問い合わせがきたり、社内においては、現場からチームやメンバーにインタビューして欲しいと声をかけてもらえるようになりました。

——それは、社内に浸透している証拠ですね。

市村:記事をきっかけに、社内コミュニケーションの活性化に繋がったり、掲載されることが働くモチベーションになっているとしたら、これはまた嬉しい効果ですね。

なぜやるのか、なぜ採用PRが大事なのかをきちんと理解してもらう

——採用PRに取り組むにあたっては、いかに社内の協力を得られるかも重要だなと思っていて、市村さんはその点において、多くの理解と協力を得ていらっしゃるように感じます。何か工夫していらっしゃる点はありますか?

市村:まずは自分自身が会社とメンバーへの理解を深めることが大事だと思っていたので、入社してまず積極的に様々な人とコミュニケーションをとるようにしました。そこで、会社のカルチャーやメンバーの考えを理解することからはじめて、今でも積極的にランチに行ったりしています。

実際にインタビュー依頼する際には、取材意向を伝えた上で、なぜその記事を作りたいのか、なぜ必要なのかをきちんと伝えていますね。

あとは、記事のPV数なども含めてフィードバックするようにしています。

——どれくらい読まれて、どんな風に良かったかを知れたら、社員さんも嬉しいですね。実際にコンテンツをつくる上ではいかがでしょうか?

市村:エモーショナルな部分を等身大に表現すること、良い部分だけではなくさまざまな面を伝えること、この2点を大事にしています。成功体験だけを伝えずに、失敗体験や課題も一緒に伝えていくことで、よりその人のひととなりが伝わると思いますし、どんな想いを持って取り組んでいるのか伝えることで、会社で大事にしていることも一緒に伝わるんじゃないかなって。

そしてGunosiruにはもう一つ、社内広報の目的もあるのですが、Gunosyが歩んできた道が積み重なって社誌のような存在になれればいいなって思っています。

先日、会社の体制変更にあたって公開した記事「新しく生まれ変わるGunosyエンジニア組織のこれまでと未来の話」は、前CTO本人の要望で公開しました。もしGunoshiruに残さなければ、この後に入ってきたメンバーは、彼がなぜ退任し、どんなことをやってきたのかを正しく知る場がなくなってしまうんですね。ですから、過去に誰がどんな想いで関わってきたかを知ることや会社の歴史を残しておく場所としても大事にしたいですし、様々な出来事があった過去を知ることは会社への愛着にも繋がるので、しっかりと育てて行きたいなと思っていますね。

▲取材後、市村さんよりGunoshiruがNewsPicksに取り上げられたとのご報告をいただきました。Gunoshiruによって”等身大のGunosy”が外部に伝わりつつある様子がわかります。

まとめ

Gunosy社の採用PRの取り組み事例、いかがでしたでしょうか。採用PRできちんとした情報を伝えていくことで、求職者の志望度を高め、入社前後のギャップを無くし、ミスマッチ解消に役立ち、社内にも良い影響をもたらしているという結果は、採用PRの影響度と重要度の高さを示しているのではないでしょうか。

鶴見 美保
鶴見 美保 Miho Tsurumi
CO-NECTAR 編集部・ 編集/ライター/カメラ

自分のライフスタイルを模索する中で、ガイアックスSOC事業部で週3正社員として働くことを決める。趣味は、旅とトレイルランニング。

RELATED

関連記事
新着記事一覧

POPULAR

人気記事
人気記事一覧

RECOMMEND

おすすめ記事

REGISTER NOW

今すぐメールアドレス登録
人気記事やイベント情報等を配信しています
お問い合わせはこちら
トップへ