CO-NECTAR


 

SNSや採用サイトを活用して採用広報活動を行う地方企業16選!

「地方企業の採用活動」、どのような採用広報手法を利用して求職者に訴求しているかイメージがつきますか?正直都心の企業に比べると、地方企業は採用広報を積極的に行なっているイメージが湧かないのではないでしょうか…。

しかし!地方企業でも積極的に採用広報を取り入れて、自社の色を出している企業があるのです。
そこで今回は、独自の採用サイトやブログ、SNSの活用など、自社の特徴を最大限に引き出せるような工夫をしている地方企業を一挙ご紹介。
なかなか採用が上手くいかないと感じている地方企業の人事採用担当者だけでなく、個性的な採用広報手法が知りたいという人事採用担当者にも必見の記事です。

採用サイトやブログに力を入れている地方企業

まずは採用サイトやブログに力を入れている地方企業の事例をご紹介。新卒や中途の採用を自社サイトで行うことができるため、下記のようなメリットがあります。

  • 広告費を気にせずリッチなコンテンツを載せることができる
  • コーポレートサイトと連動しているため、企業のことを知ってもらいやすい
  • 永続的にコンテンツを増やせるため、企業理解度を高められる
  • 継続掲載が可能であるため、通年採用に向いている
  • 自社メディアであるため、企業の独自色を出すことができる

求人媒体とは違ったメリットを意識した上で運用すると、採用サイトやブログを最大限に活用することができるでしょう。

株式会社ネクステージ

https://www.nextage.jp/recruit/newgraduate/word/index.html

https://www.nextage.jp/recruit/newgraduate/woman/index.html

愛知県に本社を構える、中古車販売の株式会社ネクステージの採用サイト。2つの採用サイトを設けているのが最大の特徴。1つは「一言採用」という採用方法。「お題」に対して求職者が一言をTwitterでつぶやき、その内容を見てピンときたら最終選考というユニークなもの。そして、もう1つは女性が働きやすい環境や女性社員の活躍にフォーカスしたサイトを用意しています。

つばめタクシーグループ

https://tsubame-taxi-recruit.com/tsuribu/

愛知県を中心に、東海地方でタクシー事業を展開するつばめタクシーグループの採用サイト。社内にある釣り部の活動の中で採用活動を行うという珍しい試みです。釣りとタクシードライバーの仕事に共通点を見出しているという部分が、未経験の人に仕事をわかりやすく伝える工夫となっています。採用のシミュレーションムービーで釣り部の雰囲気が事前にわかるのも、応募しやすくさせるポイントです。

株式会社サンチャレンジ

http://www.sun-cha.jp/yakyu/

神奈川県を拠点に、人材派遣事業やコンサルティング事業を展開する株式会社サンチャレンジの採用サイト。一切の採用基準を無視して、「野球が好き」という熱意のみを採用基準とした珍しい採用方法を実施。漫画テイストに整え、求職者が肩肘張らずに来てくれる仕立てになっています。ブログなどで社員の日常や野球部の活動内容、そして社員同士の仲のよさだけでなく、仕事内容を知って理解を深められるのも素晴らしいポイントです。

社会福祉法人あかね

http://www.e-akane.com/recruit/newgrads/delivery/

兵庫県で介護福祉施設を運営する、社会福祉法人あかねの採用サイト。サイトのトップに動画を使用したゲームサイトのような仕立てになっており、医療・介護のイメージと一線を画する内容になっているのが他社との差別化ポイントになっています。面接後はSNSでシェアすることになっているので、SNSの力をより強められるよう設計しているのもよいポイントです。

株式会社ホープ

https://www.zaigenkakuho.com/blog

福岡県に本社を構え、広告事業やメディア事業を展開する株式会社ホープのブログ。代表の想いや他企業とCEOの対談などの堅めな内容から、社内イベントや社員の日常というカジュアルな内容まで豊富なコンテンツが特徴のブログ。コーポレートサイトでは伝えきれないオン・オフ両側の部分が見られるので、入社前にホープのことを想像できます。よりリアルな会社を知ってもらうことで、ミスマッチも減らせるはずです。

株式会社エイチーム

https://www.a-tm.co.jp/recruit/

愛知県に本社を構える、ゲームコンテンツやECサイトなどの企画・開発・運営を行う株式会社エイチームの採用サイト。インタビューだけでなく、「数字で見るエイチーム」というインフォグラフィックスを活用したページ、地図と連動したオフィスツアーなど、他企業にはないわかりやすさが魅力のサイトとなっています。また、動画も積極的に取り入れており、会社見学をしたような雰囲気を採用サイト上で味わえるのが魅力です。

Twitterを活用している地方企業

最近では、「#Twitter転職」というハッシュタグもあるほど、Twitterを利用した採用や就職活動が盛んになってきています。採用したい人材が普段使っているSNSを使って情報発信を行うことで、親近感を持ってもらいやすく、カジュアルに求職者や休職候補者と双方向のコミュニケーションが取れるため、企業と候補者の距離が縮まりやすいという特徴があります。

関連記事:【事例つき】採用活動におけるTwitterの効果的な利用方法とは?

株式会社アラタナ

https://twitter.com/aratana

宮崎県に本社を構え、Eコマースに特化したサービスを展開する株式会社アラタナ。コーポレート&採用サイト、Wantedlyなどでの発信情報などをこまめにアップ。また、aratana24hのサイトにはインタビューやWeeklyReport、イベントなどのコンテンツがあるため、常にフレッシュな情報に触れられる内容になっています。Twitter活用で自社サイトへ誘導しているよい事例です。

株式会社ヌーラボ

https://twitter.com/nulabjp

福岡県に本社を置き、日本のみならずアメリカ、オランダ、シンガポールに6つの拠点を構えて活動している株式会社ヌーラボ。一番の特徴はハッシュタグの使い方です。【#ヌーラボニュース🗞】【#ヌーラボ採用情報🤝福岡・東京】【#ヌーラバーの働きかた】など、独自のタグを使って発信。求職者がタグをまとめて見ることができるため、情報収集しやすくなります。部活動制度の投稿など、社内の雰囲気が伝わる投稿も多いのが魅力的です。

岩手県警察本部

https://twitter.com/IP_saiyo

岩手県警察本部のTwitterアカウント。無理にやわらかい雰囲気の投稿に寄せるのではなく、堅い投稿で職場の雰囲気を伝えているのが特徴。投稿内容は、公的機関がTwitterを運用する際には悩む部分になるので、参考にしやすいのではないでしょうか。仕事内容のイメージがつきづらい職業の方々が、日々どのようなことを行っているのかを垣間見れる、よい活用例です。

トーテックアメニティ株式会社

https://twitter.com/totec_recruit

愛知県の本社を中心に日本全国に拠点をもち、ITソリューションを提供しているトーテックアメニティ株式会社。通常、企業のTwitterアカウントはほとんど採用情報のみで、普段の顔が見えないことが多いです。しかし、こちらの企業は自社の採用情報だけでなく、求職者が興味を持つニュースや各拠点メンバーの日常が見える投稿が多いのが魅力的。求職者の関心度が変わっていく可能性を感じる活用方法です。

Facebookページを活用している地方企業

Facebookページは更新されるとフォロワーに通知が行く設定になっているので、更新する度に見てもらえる仕立てにすることが可能です。写真や文字も制限なく使うことができますし、ライブ配信や動画などのさまざまなコンテンツを載せることも可能な点が、魅力的なツールです。

関連記事:【事例つき】採用活動におけるFacebookの効果的な利用方法とは?

株式会社 風と土と

https://www.facebook.com/kazetotuchito/

島根県で地域づくり事業を展開する、株式会社風と土と。日常の風景・イベントなどの動画を多数アップすることで、どんなことを行っている会社なのか、何を大事にしているのかが伝わります。採用情報だけでなく、社員の普段を撮影した写真や地域の美しい風景などが見れることで、働く環境へのイメージも湧きやすくなります。何を投稿するか迷っている場合にはヒントを貰えそうです。

株式会社GRA

https://www.facebook.com/gra.azp/

宮城県で農産物に関わる事業を展開している株式会社GRA。農産物の生産を行っている企業ならではの、ハウス設備やいちご狩りの風景、新商品イベントをはじめ、メディア掲載のお知らせや日常風景など、さまざまなコンテンツを投稿しているため、企業理解が深まりやすくなっています。雰囲気が伝わることによって、勤務先としてもとらえやすくなるはずです。

レプタイル株式会社

https://www.facebook.com/reptile.inc.page/

岡山県で地域に価値をうみだす事業を運営する、レプタイル株式会社。社員が全員楽しそうにジャンプしているヘッダー画像から、仲のよさが伝わるページになっています。写真や動画の投稿が多いため、企業に行ったことがなくてもイメージがつきやすいですね。全社会議やイベントなどの投稿からは、より深く企業のことを知ることができます。

株式会社シェルパ

https://www.facebook.com/sherpa.work/

福岡県で、建築パース・CGパース制作を行う株式会社シェルパ。社内の写真や社員同士の日常写真など、雰囲気が伝わりやすいのが魅力的な投稿内容となっています。また、今取り組んでいるプロジェクトについての投稿や、研修での学びなど、社員が感じていることをベースに投稿しているため、自分が入社した後をイメージしやすい仕立てになっているのもポイントです。

YouTubeを活用している地方企業

YouTubeを活用するメリットは、実際に足を運ばなければわからない会社や社員の雰囲気が伝わりやすい点です。写真やテキストでは伝えきれない情報を、映像というフィルターを通して伝えることができます。

関連記事:50万再生超も!?採用PRとしての企業YouTube16選!

株式会社ヤッホーブルーイング

よなよなエール醸造所(ヤッホーブルーイング)公式チャンネル

長野県でクラフトビール製造および販売を行う、株式会社ヤッホーブルーイング。『よなよナイト ~今夜も飲まNight~』『新米に見えない新米ブルワーなおGと行くエールビールができるまで』など、仕事内容の詳細からゆるいコンテンツまで、さまざまなコンテンツを配信しています。志の高い知的な変わり者募集が特徴で、遊び心の感じられる採用サイトも魅力です。

愛知県警

愛知県警察の採用動画。採用広報のためのアニメ動画はニュースに取り上げられるほど話題になりました。SNSも積極的に活用しており、若者が親しみやすい投稿で興味を持ってもらえる工夫がされています。写真・動画など情報が豊富にあるのが特徴です。

まとめ

地方企業がさまざまな方法で採用広報に取り組んでいる事例をご紹介しました。高い広告費をかけなくても、企画がよければ自社の魅力を打ち出すことができるはず。ぜひ自社の魅力を最大限伝えられる形式を選んで、採用活動に生かしてみてはいかがでしょうか。

高下真美
高下真美 Mami Takashita
CO-NECTER編集部・ フリーライター

新卒でインターンシップ紹介、人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社。ベンチャー企業から大手IT・流通・情報・サービスなど多岐に渡る業種で営業・コーディネーターを担当。その後、リクルートで営業として8年勤務後に退職。現在はHPコンテンツライティング・人材系コラムの執筆などをメインに、フリーライターとして活動中。

RELATED

関連記事
新着記事一覧

POPULAR

人気記事
人気記事一覧

RECOMMEND

おすすめ記事

REGISTER NOW

今すぐメールアドレス登録
人気記事やイベント情報等を配信しています
お問い合わせはこちら
トップへ