CO-NECTAR


 

なぜ採用広報の成果が出ないのか?成功させるために必要な3つの基礎力

ここ数年で、採用広報に取り組む企業は増加しています。

しかし、「とりあえずやってみよう」で気軽に始めてしまうと、思うような成果を出せずに続けられなくなってしまうことも多いです。採用広報は長期視点で取り組まなければならない上に、PRやマーケティング的な視点が求められるなど、想像以上に難易度が高いのです。

今回は、私たちが複数企業の採用広報を支援する中で見つけた、「採用広報を成功させるために最低限必要になる基礎体力」とも言える3つの原則をご紹介します。

原則①コンテンツの質にこだわる

採用広報が盛り上がりを見せるにしたがって、採用市場における「企業が発信する情報の量」は増加しています。

そもそも採用広報施策は情報発信とセットになることが多い施策。さらにWantedlyやnoteのような「企業が自由度高く情報発信できる場所」も増加し、情報発信のハードルが下がっています。

企業発信の情報があふれている状況で自社の情報を見てもらうには、「コンテンツの質」が重要です。

せっかくコンテンツを作っても、質が悪ければまったく見てもらえません。ターゲットの興味を引く、魅力的なテーマを設定する力が問われます。ただ情報を発信すればいいのではなく、「見る価値のある質の高い情報」を発信しなければならないのです。

情報発信に慣れていない企業は、「とりあえず変わった経歴を持つ社員にインタビューしよう」「経営者に会社の歴史や理念を語ってもらおう」と考えがちです。しかし、素材がいいからといってすべての料理がおいしく仕上がるわけではありません。調理法によっては、素材を台無しにしかねません。

情報発信に取り組むにあたっては、どんな切り口で、どうやって伝えるか、ターゲットはなぜその情報を見るのか、こういったことをよく考えてコンテンツを作る必要があります。

原則②コンテンツのデリバリー(拡散)まで考えて設計する

コンテンツを作るところまではこだわっていても、「ターゲットにどうやって届けるか」の視点が抜け落ちている企業は多いです。採用広報のゴールはコンテンツを作ることではありません。届けたい人に届ける、拡散のチャネル設計も重要なポイントです。

採用広報における拡散チャネルのメインは、企業や経営者、社員のSNSアカウントになることが多いです。社員インタビューなどがSNSで拡散されているのを見たことがある人は多いでしょう。

ほかにも、詳しい採用情報や企業理念などは検索エンジン経由でターゲットに届けることを想定できますし、企業の歴史や商品開発のストーリーは、外部メディアへの寄稿などでの拡散が有効かもしれません。

コンテンツの内容や性質によってどのような届け方が適切なのかを考えて、採用広報戦略を設計しましょう。

原則③情報発信を継続できる体制を構築する

質の高いコンテンツを作り、ターゲットに届ける拡散施策を実行しても、単発ではなかなか効果を得られません。情報発信の効果を最大化させる鍵、それは「継続」です

しかし、日頃の採用業務もある中で定期的にコンテンツ発信するのは、なかなか難しいもの。無理なく継続するためには、必要な体制の構築が欠かせません

では「必要な体制」とは何か。4つのポイントをご紹介します。

1. ある程度の期間で計画を立て、予算を確保する

「成果が見えないから採用広報施策は打ち切り」を防いで継続していくために、最初に現実的な計画を立てましょう。どんなに短くても半年くらいは継続するような計画を立て、その計画に沿って経営者の理解を得て、予算を確保するのも重要です。

応募者の増加などの目に見える成果が出る前の「小さな成果」を計測するためのKPI設計方法を以下の記事でご紹介しているので、参考にしてください。

採用広報の成果をどう可視化する?本質的なKPIを設定する方法 – CO-NECTAR(コネクター)

2. データ分析と改善 

施策をやりっぱなしにせず、データを集めて分析し、PDCAを回して改善していく体制も必須です。

計測すべき具体的なデータは採用広報戦略によって変わりますが、基本的には最初に立てた計画にそってデータを集め、計画と比較しながら施策内容を調整していくという流れになります。「やることが多すぎて、採用広報施策の振り返りがまったくできない」という事態を防ぐ仕組みを考えましょう。

3. 無理のないコンテンツ制作体制

記事であれ動画であれ、コンテンツの作成には人手が必要です。「記事くらいパッと書けるでしょ?」と思うかもしれませんが、想像以上に時間がかかることがほとんど。採用実務の合間にやろうとすると、どんどん後回しになるので、コンテンツを作る工数をとれるように業務量や人員を調整しましょう

社内で必要な体制を構築できなければ、プロに外注する手もあります。外部パートナーを使うことで、新たな視点から自社の魅力を発掘してもらえるので、リソースの確保が難しい企業は前向きに外注を検討してみてください。

4. 社内での協力体制

採用広報は、人事や広報だけでは取り組めません。具体的な業務内容や一緒に働く人たちを紹介するためには社員へのヒアリングが必須ですし、企業のコンテンツの重要な拡散経路のひとつは社員によるSNSでのシェアです。

採用広報のためのヒアリングやインタビュー、コンテンツの拡散に協力する文化が社内にない場合、採用広報の目的や長期的にもたらす成果を伝え、協力者を増やしていく必要があります。

採用広報で疲弊しないために、3つの基礎を固めよう

採用広報に必要な3つの基礎力

今回は採用広報をする上での基本になる3つの原則を紹介しました。

  1. コンテンツの質にこだわる
  2. コンテンツのデリバリー(拡散)まで考えて設計する
  3. 情報発信を継続できる体制を構築する

これは、採用広報施策を継続するための基礎体力になるものです。

「がんばっているのに成果がでない」
「やることがどんどん増えて疲弊してしまう」
といった状況に陥らないように、拡散までを考えて質の高いコンテンツを作ること、そのための体制を整えること、を意識してみてください。

CO-NECTAR(コネクター)編集部
CO-NECTAR(コネクター)編集部 CO-NECTAR(コネクター)

CO-NECTAR(コネクター) 編集部 / CO-NECTARは「会社と人の魅力をコネクトする」ことをミッションに、採用PRに関する情報発信をしています!

RELATED

関連記事
新着記事一覧

POPULAR

人気記事
人気記事一覧

RECOMMEND

おすすめ記事

REGISTER NOW

今すぐメールアドレス登録
人気記事やイベント情報等を配信しています
お問い合わせはこちら
トップへ